« ○○の気持ちになって | トップページ | 11月の風景 »

仙厓 (SENGAI )-禅画で遊ぶ-

Index_ph002
先週に続き・・・芸術の秋!?第二弾

東京丸の内にある出光美術館
帝国劇場がある帝劇ビルの上に美術館があるなんて知りませんでした。
たまたま雑誌で見かけた企画展

没後170周年
仙厓 -禅画で遊ぶ-


出光興産の創業者、出光佐三が集めた仙厓のコレクション
ポスターにもなっている
この「指月布袋画賛 」はきっと誰しも目にしたことのある絵なのではないかと思います。

布袋さんが指差す先には、どんな月があるのでしょう?
それを想像しながら見ている自分も、何故か嬉しくてニッコリしてしまいそうです。

仙厓は禅宗(臨済宗)のお坊さんだったわけですが、
禅の教えを庶民に伝えるために、ユーモアのある絵や洒落をきかせた彼の言葉を添えて説いています。

今の漫画の原点を思わせる彼の絵
墨だけで描いた絵

どれもほっこりとした気分になれます。
美術館に来ている人達の顔が、彼が描く絵の中の人達のように
柔らかい表情なのが印象的でした。

20070903_401196
彼の代表作でもあるこの絵

「□△○」

何を表しているのかは・・・ 仙厓本人しか知らないところなのですが

解釈の一つとして
この世の全てを表している、
この世の全てのものの全てが、この3つの基本的な形からなっている。とのこと。
出光氏も、この絵は「宇宙 」を表していると海外に紹介したとか。

□、△、○
絶対に重ねることのできない3つの形。
私達の生活の中でも、1人1人が違う考えや意見を持っていて、同じモノは1つもない。
でも・・・そういう重ね合わせることのできない人・物の中で
生活をしていかなければならない。
無理して、同じ形にするのではなく
上手く一緒に共存していく・・・そういう世でなければならない

そこには、
○○の気持ちになって
も大事になってきますよね。

この展示会28日までと・・・残りわずかなのですが

是非立ち寄ってもらいたい展示会です。







 

|

« ○○の気持ちになって | トップページ | 11月の風景 »

ぶらぶら♪お出かけ♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙厓 (SENGAI )-禅画で遊ぶ-:

« ○○の気持ちになって | トップページ | 11月の風景 »