« 車窓からの風景 | トップページ | 自分のために・誰かのために »

イブの日に

R0011771
大学時代の友人が
イブの日に結婚式を挙げました。

私が通っていた大学にしては・・・
珍しくいつもお洒落だった男の子。

卒業後は八戸に就職して
相変わらずお洒落だった。

そして・・・今も変わらず
笑顔の似合うお洒落な新郎でした。



式に集まった大学1年の時の同級生は私を入れて4人。
当時は毎日のように、誰かのうちで飲んでいた仲間です。

私は・・・大学院から別の大学に通ってしまったけれど
彼等と会うと、本当に肩の力が抜ける。

多分ね
大学院に進んでからは・・・いつも周りに負けまいと
頑張って、頑張って・・・頑張って・・・
そして背伸びして・・・そんな毎日だったように思う。

もちろん、そんな中で大学院の同期達は本当に信頼できる仲間で、
今でもとても仲が良いけれど
大学の4年間を一緒に過ごした友人達は
また違った意味で私にとっては大事な仲間です。

地元に戻った人、地方に就職した人・・・今はみんなバラバラで
今日集まれたのは4人だけだったけれど
イブの日にプチ同窓会ができて本当に楽しかった。
18歳の時に出会って・・・もう15年。。。
みんな変わってなくて、なんだかホッとした。

私は・・・どうだろう。
あの頃の方がずーっと、ずーっと素直だったような気がする。
みんなと話していて
またもう一度、そういう素直な気持ちを取り戻したいな、
って思いました。

みんなから元気をもらえたイブの日・・・
ありがとう。。。

R0011824
今日は

イブであり・・・
そしてとてもきれいな
満月の夜です。

皆さんにとって
素敵なクリスマスで
ありますように。。。

Merry

    Christmas


|
|

« 車窓からの風景 | トップページ | 自分のために・誰かのために »

日々のあれこれ。」カテゴリの記事

コメント

イブの日にご結婚とは粋なはからいですね。

お友達にもお会いできてよかったですね。懐かしい事を思い出すのは、とってもよいこと。

投稿: ラカーザ | 2007年12月24日 (月) 21時15分

私にとっても、大学の同級生はやっぱり一番
ホンネで話せる仲間ですね。
その仲間と再会して、元気をもらえたのはよかった
ですね♪
写真、ムードがあっていいですね。

投稿: いっちゃん | 2007年12月24日 (月) 21時41分

24日に式とは・・・なかなか面白い趣向ですね♪
一生忘れないものになること、確実ですね。
ご友人のこれからの幸せを、お祈りしたいと思います。

SAKURA-MOCHIさんにとっても、
25日今日が、幸せな日でありますように。

メリークリスマス♪

投稿: KEI | 2007年12月25日 (火) 10時48分

★ ラカーザさん

確かに、昔の仲間と会うとその時代に戻りますね。
そして、みんなが今がんばっている姿に励まされます。

★ いっちゃんさん

大学って、やっぱり友達と一緒にいた時間が長かったから特別な関係が築けるよね。特に私なんか地元を離れていたから、家族よりも一緒に過ごした時間が長い。
でも、大学院の同期は・・・研究室で一日中顔突き合わせて5年間一緒に過ごしたので、兄妹みたいな感じかも。だから、信用できる仲間なのです。

★ KEIさん

24日の式というのも良いですよ。
しかも・・・神前で。笑

今日はクリスマスですけど、仕事だしもう気分は正月ですね♪

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007年12月25日 (火) 16時12分

こんばんは。遅れましたが、「メリー・クリスマス!」
六本木のクリスマスマーケットにいらっしゃったのですね。
人が少ないとは意外でしたが、イヴの夜にはカップルで混みあっていたかもしれませんねー。

投稿: チーズくま | 2007年12月25日 (火) 21時54分

★ チーズくまさん

チーズくまさんは、この時期ワインのイベントでお忙しいのではないでしょうか?

クリスマスマーケット、そちらで拝見して絶対行きたい!と思い・・・のりのり♪で出かけて行ったのですが・・・ちょっとあの人の少なさにはショックを受けました。笑
でも、さすがにこの連休中は大勢の人が出かけていたようです。
流れていたニュースの映像では人がいっぱい!でした。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007年12月26日 (水) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80596/17466298

この記事へのトラックバック一覧です: イブの日に:

« 車窓からの風景 | トップページ | 自分のために・誰かのために »