« ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展 | トップページ | 涙が出るほど・・・ »

まだまだいっぱい・・・

研究から今の仕事に転職して思うこと

背伸びせず
肩の力を抜いて
笑っている自分

そんな時間が増えた。

この歳で新しい仕事を始めることに対して何も考えず
甘い自分だったと思うけれど・・・
リスクを背負うことも、
仕事を変えてから知ったけれど・・・

それでも今の自分の方が好き

知り合いの幅も広がった。
(これは、仕事を変えてからというよりアメリカに行ってから・・・かもしれない)

以前はどうしても同業者に偏っていたけれど
今は仕事も年齢もいろいろ。

もちろん、昔からの知り合い、研究をしている人達も大事にしたい。
私はその世界から抜け出した人間だから、その世界で頑張る人達を応援したくなる。

正直、私は社交的ではないし、他人に壁を作る。
そういう自分が新しい出会いを作るのは、とってもエネルギーがいる。
だけど、それでも敢えていろいろな人と知り合いたい!って思うのは

出会った人達に
私の知らない‘自分 ’を見つけてもらえて、
教えてもらえるから・・・
かな。

30年以上生きていれば、いい加減自分自身のことは理解している。つもり。笑
それでもまだまだ新しい自分との出会いがある。。。

私の知らない‘自分 ’と出会うために・・・
私は‘あなた’と出会いたい。。。


**************************

Main_img_030401
日本橋高島屋で開かれている 

千住博 展 

‘ハルカナル 
アオイ ヒカリ’

を見てきました。
私は恥ずかしがら、この方を知らなかったのですが
現在NYを拠点に活躍する日本画家。

ウォーターホール
と呼ばれるこの作品シリーズは、
和紙に蛍光塗料で描かれたもの。
暗闇の中、蒼く幻想的な世界を作ってくれます。

水のある風景・・・
そしてアオイ色・・・

誰もが皆、この空間にずーっといたい・・・って思うのでは。

絵を描くことで、空間と時間を提供できるって素敵なことだなあ
って思いました。

ウォーターシリーズの作品は、
静岡県伊東市の聚光院伊東別院 の襖絵としても描かれています。

ちなみに千住博の弟、千住明は・・・作曲家。妹の千住真理子は・・・ヴァイオリニスト。

|
|

« ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展 | トップページ | 涙が出るほど・・・ »

日々のあれこれ。」カテゴリの記事

コメント

今の自分が好き!って堂々と言えるって
すごく充実している証拠ですよ(^-^)
人生沢山の出会いがあれど、
最後の最後まで自分を向き合い、どんなことがあっても見捨てないのは
この自分自身ですから!
がんばってくださいね。応援してます(^-^)

投稿: Tomoko | 2008年3月17日 (月) 18時36分

> 私は社交的ではないし、他人に壁を作る。

そうでしたか?
私は、初めて会った印象しかないものですから、
とても気さくな女性だとしか見えませんでした。(笑)

・・・でも、SAKURA-MOCHIさんは恐らく、
自分を厳しく見る人なのでしょう。 だからこそ、
人の目からチャーミングに映るのかもしれません☆

そういえば近頃、ご紹介にあるような美術・芸術展に、
足を向けていません。
たまに、そういう時間を持つことは、大切ですよね。
心安らぐ空間、将来の自分のためにも、
色々触れてみたいものです・・・。


投稿: KEI | 2008年3月18日 (火) 09時01分

「今の自分が好き」 
という言葉を拝見して嬉しかったです。

「私は社交的ではないし、他人に壁を作る。」
SAKURA-MOCHIさんには、あまりそういうイメージを
もっていませんでしたが、それは努力されているから
ということもありますね。
SAKURA-MOCHIさんのこととは思わなかったけれど、
私のことだとは思いました~
その傾向が年々増している感じの最近の私。
ちょっと反省です。

投稿: ポージィ | 2008年3月19日 (水) 11時57分

★ Tomokoさん

応援の言葉ありがとうございます!

帰国して、転職して・・・
不安はもちろんたくさんあります。
でも・・・それでもやっぱり今の自分の方が好き!って
思えるのは、少なからずとも
自分の決断に満足しているからなんだと思います。
もちろん、コレから先、後悔する時はあるのでしょうけど。笑
最終的に、好き!って思えればいいかな、と思ってます。

★ KEIさん

>私は、初めて会った印象しかないものですから、
とても気さくな女性だとしか見えませんでした。(笑)

いやいや・・・
あれは、かなり頑張っていた私なんですよ。(^^)

でも、人と会って話をするのは大好きです。
自分と違う人から得るものは、本当にたくさんありますから。。。

最近、美術館や展示会に足を向けるのも同じような感覚です。
例え、そのことに詳しくなくても
それほど興味を持っているわけでなくても、
誘われて行ってみると、意外にも自分の心に触れるものってありますよ。
KEIさんも気軽に是非、ふらり♪と出かけてみてください。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008年3月19日 (水) 21時42分

★ ポージィさん

自分も年齢を重ねて
新しいことに挑戦したり
新しい世界に飛び込むのが億劫になる時があります

帰国してからは、
仕事も生活する場所も変わって
必然的に新しいことに触れる機会が多かったのが良かったのかもしれません。

でも・・・この気持ちがいつまで続くかは・・・怪しいです。笑

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008年3月19日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80596/40521401

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだいっぱい・・・:

« ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展 | トップページ | 涙が出るほど・・・ »