« HEROES | トップページ | プーさん、デビューする »

どこまで

日本語って難しい。

仕事において、
外部の人とやり取りをする時、

どうも・・・私は
シンプルに物事を伝えがちのようで
素っ気ない、不親切、感謝の念がない、文章になってしまっているようだ。
自分の気持ちとは裏腹に。

でも、あまり丁寧になり過ぎてへりくだった文章でも、
それはそれで、いやらしいのでは?と思ってしまう。

・・・さじ加減が難しい。(ノ_-;)ハア…

伝えたいことが伝わればいいじゃない!
って昔は思っていたけれど・・・

心地よい関係を保ったり、
相手に不快を与えないよう
コミュニケーションを取るためには、
人、場面にあった言葉を使えることはすごく重要。

そういうことも含めて
できる人、になりたい。

|

« HEROES | トップページ | プーさん、デビューする »

SAKURA-MOCHIのお仕事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。こちらには久しぶりに?お邪魔いたします。
本当にそうだなぁって思ったのでつい。きっといつもブレなければきっと心は伝わってくれるのでしょうけれど、なかなか一期一会のこの世界、本当に人それぞれの距離、もっちゃんがいう所の、"さじ加減"って難しいですよ。

こっちにいたからってのも、理系的な生活に慣れてたってのもあったりしますかね?(もちろん悪い意味では言っていませんよ。)こっちではdirectに言わないと、伝わらないし食べられちゃうなって感じますから。←まあそこら辺が僕がこの国がイマイチ好きになれない所なのかもしれませんが。

でも、僕もそれを自然に汲み取って、反映する事が出来るような所は持ちたいなって思います。僕いまのところ大さじしか持ってませんから。やはりピペットマンくらい正確に...。ってこの表現が既におかしいな....。ではでは毎度のぐだぐだですみません。

投稿: 朧みみ夜 | 2008年8月20日 (水) 15時37分

僕の仕事はほとんど「仕事の依頼」のメールが多い
仕事の依頼をする時には、
「どうしたら相手が気持ちよく仕事をしてもらうか」を
考えて文章を書いています。

「この前はXXしていただきありがとうございました。」
「XXさんのおかげで助かりました」
「いつも素早いご対応ありがとうございます」

等々、感謝の言葉があふれているかんじ。


あと、一見つまらない仕事だとしても
その仕事の重要性、大切さを訴えて
XXさんにお願いしたいと言っている
(※重くならない程度に)

で、直接会ったときも、また感謝


結局、マメに相手の事を考えて「ありがとう」ということが
仕事を円滑にすすめる潤滑油のような気がするなぁ

投稿: こじろう | 2008年8月21日 (木) 06時29分

★ 朧みみ夜くん

そうそう、アメリカは曖昧な表現とか
相手の心を汲み取る・・・っていう習慣が無いので
日本とは‘ものの伝え方’は大きく異なるよね。
私がアメリカで生活している時は、
語彙力が無かったこともあり、
物事をはっきり、簡潔に伝えるクセが付いてしまいました。
それは、少なからずとも日本に帰ってきた今も抜けていません.笑

日本人の場合、気が利く人、という言葉があるけど
それも、相手が気持ちよく、効率良く仕事ができるよう
こちらで先回りして何かをしてあげる、声をかけてあげる・・・ってこと。
そういうのも仕事ができる、できないに私は関係すると思ってます。


★ こじろうくん


‘ありがとう’
この言葉は魔法の言葉だよね

私は、もっと言わなければいけないと思ってます。
・・・でも言うのが苦手で。
職場でも、もっとこの言葉を使えるようになりたい。
自分は言ってもらって、喜ぶのに
それを周りの人にしてあげれてません。

はあ。。。ヾ(_ _。)ハンセイ…

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008年8月24日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこまで:

« HEROES | トップページ | プーさん、デビューする »