« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

西の魔女が死んだ

51k6b7p3pql_sl500_aa240_

西の魔女が死んだ
      梨木香歩

行き帰りの通勤電車の中であっという間に読めてしまいました。
200ページちょっとの短いお話。

ラストは今日の帰りの地下鉄の中。
思わず泣いてしまいました。。。

登校拒否になってしまった少女まい。
田舎で暮らすおばあちゃん(西の魔女)の家で
魔女になる修行をするお話。

魔女になるための修行・・・この本当の意味は小説を読むと分かります。

きっと、誰もが‘魔女’の卵で
‘魔女’なるための修行をしなければならないのに
それを忘れてしまったのかもしれません。

今回のこの本の中でも‘死 ’というのが1つのテーマ。
でも、このお話を読むとそれは決して不安で恐いものではない、と思わせてくれます。

自分が一人ぼっちのように思えた時
誰かにそっと寄り添ってもらいたい時
そんな時にこの本を読むと忘れていたものを思い出させてくれるかもしれません。


この小説、映画化もされています。(オフィシャルページはこちら

小説を読んで思ったのが・・・絵本のような物語だな、てこと。
読んでいると頭の中に綺麗な映像が思い浮かぶ。
おばあちゃんが作ってくれたジャムの色・・・
ラベンダーの匂いがするシーツ・・・

映画ではそれがどんな風に映されているのか
おばあちゃんのメッセージはどう伝わってくるのか

珍しく、原作を読んだ後に映画も見てみたい!と思った本でした。
近々、DVD借りてこようかな。。。



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

独り言・・・…( ̄。 ̄;)

人によって1日のどの時間が一番集中できるかなんて違うでしょう。

ちなみに私は午前中。

まだ誰もいない事務所で、
始業時間の1時間前で一人
デスクに座ってエンジンを少しずつ温める。

このスタイルは・・・研究をしていた頃と変わらない。笑

ランチを食べる1時ぐらいまでが一番仕事がはかどります。

反対にランチを食べた後が・・・魔の時間。
2時〜3時はどうもダメ。

今日のように
分かりずらい講演録なんか読んでいる日は〜特に。

おいおい、ここでその話するか??
と思わず、テープおこしに突っ込んで・・・
突っ込んだだけで、キーボード叩く音が途絶える。。。みたいな。
この魔の時間をいかに集中するか。
それが課題だなあ。。。

以前は、話す側、スライドを作る側の人間だったけど
反対から見る世界は・・・学ぶことが多い。
今だったら、もう少し上手くプレゼンできるに・・・違いない。笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

東京マラソン2009

R0014547

昨日のサイクリングでいつも以上に起きるのが辛かった今朝。

なのに8時過ぎに都庁前。
そうです!

東京マラソン です!
と言っても・・・私が出場するわけではなく。

プーさんが東京マラソンの10キロに参加しました。
私なんて前日の疲れでグダグダなのに
これでまた10キロなんて。。。笑
本人、走る前は余裕の顔でした。さすが!(⌒∇⌒)

都庁前にぞくぞくと現れるランナー達。
大江戸線の駅なんて、半分以上がスポーツウェアに身を包む人達。
こんな光景、なかなか見れません。

スタート地点に向かう旦那を見送って
私は、急いでゴール地点の日比谷へ。。。
朝ご飯用にスタバでカフェラテを買い、
ゴールの日比谷公園入り口前の道路沿いに陣取ることに。

今日は天気は曇りだったけれど
気温もあまり低くなく、待っている身としても
マラソン日和!?でしたね。

R0014563
マラソンを沿道で見るのは初めてでしたが
・・・トップ集団の走るスピードってあんなに速いのですね。びっくり!w(゜ー゜;)w
車いすに関しては、あっという間に通り過ぎて行きました。

でも一番びっくりしたのは
参加人数。お祭り騒ぎです。
都庁前も凄かったけど
日比谷通りを走る人達。来るわ、来るわ・・・で目がチカチカ。

芸能人も大勢参加しているようなので、一応探してみたものの・・・
私が見つけられたのは

ねこひろし

のみでした。笑
でも、結構速いグループに居ましたよ!

フルマラソンを走る中から家族を探すのは至難のわざでしょうね〜

我が家のプーさん・・・なかなかゴールに現れず
心配しましたが
集団の中に笑顔で発見。
お疲れさまです。
スタート前は昨日の疲れなんてない!と言い張ってましたが
走り始めてからどうも昨日の筋肉痛で苦しんだようです。

R0014577
日比谷公園は10キロのゴール地点ということもあって
屋台がたくさん出ていて
ホント、東京のお祭り状態でした!

応援だけの私でしたが・・・・
タコスをがっつりといただいてきました。

プーさんのおかげで
私も東京のお祭り、東京マラソンを満喫♪

こうして、この1年は自分の守備範囲以外のイベントや趣味が増えたような気がします。
刺激になって良いことです。

家に帰ってテレビを点けると
当然まだフルマラソンを走っている人達がいるわけで
中継をしておりました。

私達はそれはソファに座ってのんびりと観戦。
その後、マンションの温泉で連休の疲れをほぐし
2人揃って、お昼寝・・・(_ _)...zzzZZZ乙乙乙
ドッと疲れが出ました。
いかに普段、運動していないのが、バレバレです。
私なんて、本格的な筋肉痛が明日きそうで・・・恐い。(^▽^;)

困ったことに、プーさんが
盛んに
‘一緒にマラソンしようよ〜’
‘来年は一緒に応募しようよ〜’
‘10キロなら走れるよ〜’
と私を攻撃してくる。

予想はしていたものの・・・
うかつに、(⌒^⌒)b うんとは言えません。
我が家、有言実行しないと
ずーっと・・・つつかれますからね。笑
(マラソン・・・興味はあるんですけどね。。。言ったら最後。本当に付き合わないとプーさん、納得してくれないの分かってますから。)

取り敢えずは、これからの暖かい季節
サイクリングで我慢していただきたいものです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

お出かけ♪葛西臨海公園♪

三連休のなか日。
お天気は抜群に快晴!!

暖かくなってきたことだし・・・お出かけです!

向かった先は葛西臨海公園&水族館
しかも・・・自転車で。

前々から、プーさん、私と一緒にサイクリングをしたい!と切望。
春になったし、重い腰を私もあげて
行ってきましたよ〜自転車で。

荒川の河川沿いのサイクリングロードをひた走ること1時間。
信号で止まることもないし
ほんと気持ち良い春の風を感じながらのサイクリング。

今までなんだかんだと理由を付けて断り続けてきた自転車での遠出。
これぐらいだったら、楽しいかも、と思いました。
(明日以降の筋肉痛が恐いけど。。。(^▽^;))

ただ、プーさんはちゃんとしたロード用バイク。
私は・・・プーさんのおさがりの折りたたみ自転車。
かなり、シャカシャカと漕ぎました。
プーさんの倍以上、タイヤ回しました・・・。疲れた。。。ε〜( ̄、 ̄;)

R0014516

9時に家を出て、着いたのが10時過ぎ。
まずは水族館へ。
なかなか充実した水族館でした!
南国の海のお魚はどれもカラフルで綺麗〜
見ていて飽きない。

マグロ、カツオの水槽前では
日本人はみな
美味しそう〜と言いながら眺めてました。(^^)

私の一番のお気に入りはクラゲ。
このフワフワ感がたまりません。

癒されます・・・。

ここの水族館は1種類しか居なくて残念。




R0014527

午後からは、海沿いの公園をぶらぶら。
今日は家族連れが大勢いました。
お昼を食べて、ベンチに座っていたら・・・お昼寝タイム。
ぽかぽかの日射しを浴びて・・・三連休・・・最高〜♪

園内には菜の花畑もありました!
黄色の春色がまぶしい♪

菜の花は食してもほんのり苦くて美味しい。
菜の花パスタ、食べたくなりました。

園内を出る前に

観覧車にも乗ったのですが・・・
実はプーさん、高所恐怖症。
本人、乗る前から嫌がっていたのですが
乗っている間、ずーっと手すりにしがみついてました。本当に高い所が嫌だったとは。。。

ごめんね、プーさん。

おそらく、これは2人で乗る最初で最後の観覧車でしょう。。。

ちなみに、葛西に向かう途中の橋を渡るのも恐かったようで

猛スピードで私を置いて、渡って行きました。

なんでも、揺れる・・・とか。(私は全く感じないのだけれど。(◎_◎) ?)

寒くなる前にお家に帰ろう!ということになり
2時に公園を出発。
3時に家に到着。。。

ももとお尻に痛みを感じつつも
心地よい疲労感です。

お魚さん達と菜の花の写真は・・・こちら から


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

私という運命について

私という運命について (角川文庫)

私という運命について

          白石一文

前回は、40歳というピンポイントな年齢に焦点をあてた男性についてのお話。

今回読んだ本は、ある一人の女性が20~30代で経験した仕事、恋愛、結婚、出産を追っていったお話。

読む時期が重なったのは本当に偶然だったけれど、男性と女性という別々の人生が描かれ、比較できたのは面白かったです。

読み終わって気づいたのですが、

この本、著者は男性なのですね(少なくともペンネームは)。それが分かると、なるほど、と思う部分がいくつかある。

主人公の女性は総合職に就くキャリアウーマン。長身でスラっとして、おそらく標準より美人でかっこいい感じ。確かに、こういう女性は現実にもたくさんいるのだろうけれど、本の中のこの女性、女性ということを感じさせない部分がある。

とてもさっぱりしているのです。さっぱりし過ぎていてちょっと違和感を感じるのです、女性として。波乱万丈な人生を送っているのに。

女性的思考としては、もうちょっと、うだうだぐちぐちという心の展開があっても良いのではないかなあと。

でも、そのさっぱりとした主人公であるからこそ、読んでいて重くない。
だから好感を持てる。かえって共感が持てたような気がします。

私自身、結婚という一つの節目を迎えたこともあり
自分、そして相手の
人生について 運命について
以前より考えるようになりました。

この本も主題はそこにあると思います。
主人公宛に送られてきた手紙の中には、手紙の主の人生に対する思いが描かれていて、
それを通じて、主人公が自分の運命、人生について考え、気付き、そして・・・自分の道を見つけていく・・・そんな話。

印象的に残った言葉の中に

・・・・・選ばなかった未来、選べなかった未来はどこにもないのです。未来など何一つ決まっていないのです。だからこそ、一つ一つの選択が運命なのです。・・・・・

最近私が思うのは、選択するという、自分からのアクションが何事も大事なように思う。
受け身ばかりではいけない。
でも、受け身で良い、という道を選ぶのも選択の一つなんですよねえ。
でも、そこには自分が描くものとは違う道となるかもしれない、というリスクを背負うことも覚悟しなければいけないと思う。
どちらにしろ、ポジティブな選択をすることが、人を幸せにするのかなと。
消去法の選択ではダメなのです。

・・・・・運命というのは、たとえ瞬時に察知したとしても受け入れるだけでは足りず、めぐり合ったそれを我が手に掴み取り、必死の思いで守り通してこそ初めての自らのものとなる・・・

運命に出会っても、それを掴むという、自分からのアクションが無ければ
そして、それを大事に育ててあげなければ・・・ってことですよね。

この本はやっぱり女性に読んでいただきたいな、と思います。

ただ、残念なことに、
ラストが・・・しょぼい。

せっかく途中まではいろいろと考えさせられ、感動する部分もあり・・・気持ちよく読み進めていたのに・・・終わり方が・・・。

白い馬、これが鍵となるのですが、その登場の仕方がねえ。。。

私的に納得いきません。笑


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

White Day 〜Toshi Yoroizuka〜

R0014453

ホワイトデーということで

Toshi Yoroizuka

のケーキを買ってもらいました♪

鎧塚 俊彦=パティシェ
      川島なお美の旦那様

ですね。

六本木のミッドタウンのお店で買ってきたのですが
14日、土曜日・・・ということもあり列ができてました。
30分ほどで買えたのでヨシとしましょう。
でも、私達が並び始めた直後、列が倍に伸びてました。。。もし、その長さだったら買うのを諦めていたと思います。

こちらのお店はイートインスペースも少しあるのですが
そちらは・・・14時の段階でお店に入れるのは19時以降という張り紙が。。。恐るべし。(^▽^;)

お味はどうかと言いますと・・・
写真のラズベリーのチーズケーキは確かに美味しい!
チーズの酸味とラズベリーの甘さがふわ〜っと口の中に。

ちなみに、私は後ろに写っているロールケーキをいただきました。
久しぶりに、上質な生クリームたっぷりのケーキを食べれて幸せです。
ただ、好みとしてスポンジはもう少し柔らかい方がいいかなあ、と。

なんだかんだ言って、やっぱり・・・イナムラ ショウゾウの苺ロールケーキが一番!!
なんですよね。。。結局。
コストパフォーマンスとお味を考えると、イナムラに軍配が。。。
プーさんも同意見で、彼はイナムラのフルーツ系のケーキが大のお気に入りです。
確かに、イナムラのケーキはとってもフルーティー。
夏向きのケーキかもしれません。

 41limgqwml_sl500_aa280_

もう1つおまけでいただいたものがあります。
・・・
遊歩計

母をたずねて三千里 をモチーフにした万歩計

‘最近、太ってきたかも’って私が言ったから、

だそうです。

・・・う、嬉しい。。。と言っておきつつも
包みを開ける時の私の目はキラキラ
開けた後の私の目は点、点、点。。。(^_^)

でも、結婚式前なので、運動しないといけないのは事実で
今日もケーキとか食べちゃったし。。。

先週ぐらいから、プーさんと2人でバランスボールを使ったストレッチを始めました!
身体の筋が伸びて気持ちいいので、しばらく続けようと思ってます。


********************************
R0014455
白菜と豚バラの煮込み。
水は一切入れずに、白菜 豚バラ 白菜の順に
STAUBに重ねて入れて、1時間ちょっと煮込む。

味付けは塩だけ。
お肉はとろとろ。白菜は豚肉の旨味をいっぱい吸ってジューシー。

STAUBは、ポトフ、鍋、シチュー、と
どんな煮込みを作っても野菜の旨味が逃げなくて美味しくできます。

この冬は大活躍な鍋でした!!
こんなことだったら、もっと早く買っておけば良かったなあ、と。

誰かへの贈り物としてもSTAUBは絶対いいと思う。
ちょっとお高いですが。。。

*****************************


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと嬉しい朝の時間

今朝、目覚めたら・・・一人取り残されてました。(゚ー゚)

でも、寝坊したわけではありません。

プーさん、いつもより早く会社へ出かけてしまったようで。

仕事がどうも忙しいようです。

メモ書きがリビングに残されてました。

昨晩も、ダメダメな奥さんは帰宅の遅いプーさんを待ちきれず・・・スヤスヤと。

なんか昨日はやたらと眠くて先に寝てしまいました。(言い訳です)

というわけで、今朝は一人で家から駅に向かう

(我が家はいつも仲良く一緒に出社です。新婚さんっぽい!!(*^.^*))

そしたら、マンション前の早咲きの桜の前で可愛い鳥の鳴き声が!見上げると・・・

めじろさん

がいました。

こんな街中でもいるんだなあ、と暫し見とれてました。

慌てて、カメラカメラ・・・と思ったけど、その音で逃げてしまいそうで。

私の心のカメラで、めじろさんの写真をパチリ。

その後、テクテクといつもとは違うコースを歩いて駅へ向かっていくと、

また別の桜が。。。こちらはほぼ満開でした。!!

いつも朝は周りの景色を見ずに、二人でしゃべり倒しているので、

こうした景色の変化に気付かなかったんだなあ、と。

・・・久しぶりの一人での道は・・・ちょっとうれしい時間となりました♪

でも、桜の写真を撮ろうとカバンをのぞくと・・・カメラない。

最近、休日に出かける以外は持ち歩いてなかったなあ、と。

帰国して2年半。すっかり東京の都心生活に浸かってます。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぶらぶら♪Bunkamura♪ ピカソ  クレー展

Mainvisual
















最近、芸術に触れていなかったな〜と思い、行ってきました。

ピカソ クレー展

ピカソもクレーも、アメリカの美術館で見てから好きになり、
この展示会は、広告が出始めた年末から気になってました。

渋谷なので、仕事帰りに一人でふらっと寄ってもいいなあ、と思っていたのですが、
プーさんにも声をかけたら付き合ってくれたので一緒に。

週末なので混んでいるかと思ってましたが、それほどでもなく
ゆっくり絵の前で眺めることができました。

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が改修工事ということで
そのコレクションが日本にやってきたこの企画展。
半分はクレーの作品でした。
これだけたくさんのクレーの作品を一度に見られるのは貴重だと思います。

クレーの絵は、色使いがとても素敵です。
ポスターの絵のように、
○△□と線を使ったとてもシンプルな絵なのに、
そこに色をのせて、何かを伝えようとしている

上のポスターの絵。よーく見るとラクダがいるんですよ〜

私は、作品の説明書きで初めて気づきました。

絵の善し悪しなんて、私は分からないけど
見て感じるものがあればいい!!
と勝手に思ってます。笑


どこか楽しく、おどけた感じがする絵が多いのも
クレーの作品の特徴のような気がします。
音楽をやっていたクレーの絵。
♪が絵から出てきそうなイメージがしませんか。

一度に同じ画家の絵がみられる展示会のいいところは、
年代によって作風が変わっていくのが分かるところだと思います。

晩年は、第二次世界大戦のドイツに居たクレー
絵からも、戦争への批判や、殺戮に対する悲しみや苦悩が伝わってきました。

本を読むのも
絵を見るののも
自分の脳に新しい刺激を送り込む。
面倒と思わずに、考えたり、感じたりするのが大事だなあ、と改めて思いました。
それができるのが‘人間’なのですから。
使わなくちゃ、もったいない!!笑

あ、でもうちのこころも
喜んだり、嬉しそうだったり、
怒ったりと、いろいろと考えていそうな時がある。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

40 フォーティ

41lldam18ql_sl500_aa240_私も30代半ば・・・
次なるフェーズは40代
きっとあっという間に迎えてしまうのでしょうけど。

そのときどんな自分になっているんだろう?

と期待と不安は半々です。

本の世界は、疑似体験の世界でもある。

40代の生活を覗いてみたくなり
本屋で手に取った本がこちら。

40 〜翼ふたたび〜  
          石田衣良



40代というと、人生の折り返し地点。
20代のような華やかさや
30代のような野望や、エネルギーに溢れる歳でもない。
仕事をこなすのにも慣れ・・・平凡な毎日になりがちで
新しい刺激が欲しくなる。
そんな年代が40代なのかもしれません。

40を迎えた主人公は、
大手代理店を辞めて独立。

‘40代からはじめよう’
をキャッチコピーにプロデュース業を始めます。

舞い込む以来は、本業とは全く関係ないようなお客からの依頼ばかり。

落ちぶれた元IT 企業社長、引きこもり、離婚話を相談にくる同級生、企業を試みるおたくなどなど。

1つ1つの話が独立していて電車の中で読むにはちょうど良いストーリーです。

疲れ切った40代
人生に見切りをつけてしまった40代。
日なたの世界から日陰の世界に入ってしまった人達を
嫌々ながらも一生懸命手助け(プロデュース)してしまう主人公。
依頼を通して主人公自身もまた
‘今から何かをもう一度はじめよう’
と思うようになっていく姿が、読んでいる人にも元気を与えるのではないでしょうか。

当然、人生なんて楽しいことばかりではありません。
山あり谷ありの中で
どうやってそれを乗り切って楽しむか。
最後には自分の意思と決断が
自分の人生の善し悪しを決めるのでしょう。

まだこれから40代を迎える自分ですが、
きっと楽しいことはまだまだたくさんある!
自分がやれることもきっとある!
と思わせてくれます。

40代まで、まだまだ時間のあるプーさんにも是非読ませてみたいと思います。

男性に是非読んでもらいたいかも。

*******************************

R0014449

さくら餅にも双子ちゃんがおりました♪

銀座甘楽

ピンクの方は普通のあずき餡
白い方はしろ餡

上に添えられたサクラの花びらが可愛い
1つで2度美味しいさくら餅でした♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

季節はずれの・・・

今年もまた

あいつが・・・やってきました。

しかも春目前にして。

足の指がかゆいです(≧m≦)

しもやけで。

手足の冷えは子供のころから人並み以上。

会社でも厚手の靴下とスリッパ履いて

手は指抜き手袋で温めているのになあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

我が家の定番!!

冬になるとS-MOCHI家では、
あったか〜いお茶をガブガブ。

でも緑茶じゃなくて・・・

ほうじ茶。

私は子供の頃からほうじ茶が好きで
(母親が好きだったんだと思う)
結婚した今も、家ではほうじ茶です。

緑茶よりもお安い!
冷めても美味しい!
香ばしいお茶の香りに癒されます。

特に銘柄にはこだわらず
スーパーで買えるものを愛用していたのですが
プーさんと出会ってからはこちらが定番となりました。

R0014446

京都の 一保堂

独身時代にプーさんはこちらお茶のティーバッグをいただいて
すっごく美味しかったらしく、それからお気に入りなんだそうです。

そういえば・・・数回目のデートの時にもデパ地下でこちらのお茶を買っていたような。
30代の独身男性が・・・デパ地下でお茶を買う。。。
正直、珍しい人だなあ、と思いました。笑

こちらのお茶、大抵のデパ地下で買えると思います!
でも、高くありません。
100g 500円ほど。

しかも普段使いには、くき茶で十分。
くき茶なら、なおお得♪

***********************
R0014447
コンビニでみつけたもの。

・・・これもまた
さくらもち。。。

でも、正直言って
まずい。。。

クレヨンみたいな味がするんです。(ノ_・、)

クレヨン、食べたことないけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遅く起きた朝は・・・

R0014443

眠い。。。眠い。。。
と、思うがままに寝ていた日曜日の朝。

・・・11時過ぎてる!!w(゜ー゜;)w

平日も休日も
基本的にうちは
プーさんの方が早起き。

今日はプーさんが珍しく起きなかったので
私も余裕でスヤスヤしていたら
こんな時間です。

まあたまにはいいですよね・・・こんな休日も。(^^)

2、3日前から
アメリカではブランチメニューの定番でもある
エッグベネディクトが食べたい!!と思っていたので
作ってみました!

この上にかかってるソースの作り方調べたら・・・

溶かしバター+マヨネーズ

恐るべき組み合わせです。
カロリーは考えまい。。。

********************************

話は全く変わりますが
昨日、懐メロの番組を見ていて思ったこと。

Knki Kidsの堂本光一
ラーメン、つけめん、僕イケメンの狩野英孝
て似てるなあ。。。

久保田利伸
ジャニーズの岡田准一
て似てるなあ。。。

と。

子供の頃は懐メロ番組なんて面白くない!って思っていたのに
最近では80年代、90年代の曲を聞くと
思わず、一緒に歌ってしまいます。

プーさんと懐かしの曲トークをしていると・・・
たった3歳違いなのに
あ・・・その曲流行ってた時、まだ小学校あがってない!
とか言われると、衝撃です!!笑

中学と小学校・・・という場合も同じく。

********************************

R0014441

明後日は
ひな祭りですねえ。。。
今年も
ミニおひな様を飾りました。

こちらのさくら餅は

たねや

ここのさくら餅、
やっぱり一番好き!!



| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »